ライフタケダ オフィシャルサイトへ
無料見積

採用事例

賃貸アパート

建築作業中の大工さんは地震があったことさえ気づかなかったそうです。こちらのアパートは入居募集とともにすぐに満室となりました。

建売住宅

建売住宅のウリを「免震」にしました。さらに太陽光パネルも付け、 高付加価値の建売住宅として販売され好評です。

費用について

地盤の状況により費用は変わります。

たとえ同じ敷地でも、地中の支持層までの深さはまちまちです。
SP免震基礎工法は、鋼管杭を支持層まで一本づつ到達させます。
支持層の深さにより、鋼管杭の長さが変わり費用も増減します。
支持層が深いほど費用はかさみますが、そのような地盤ほど危険性が
高く、しっかりとした対策が必要といえます。

軟弱地盤における料金の比較表

軟弱地盤に必要な地盤改良工事が不要だから・・

地盤が軟弱だと判定された場合、「地盤改良工事」が義務付けられますが、
SP免震基礎工法を施工すれば地盤改良工事は不要です。

地盤改良工事費用を差し引いて再度計算すると・・

  (SP免震基礎工法工事費を150万円、柱状改良工事費90万円と仮定)

「SP免震基礎工法を新築につけるといくら位?」 詳しくは「安心」の金額は高くないをご覧ください。

無料見積り

SP免震基礎工法の概算見積りを無料で行っています。
*条件:施工会社が認定事業所に登録されていることが条件となります。
まずは、お気軽に相談ください。

お問い合わせ