ライフタケダ オフィシャルサイトへ
無料見積

採用事例

賃貸アパート

建築作業中の大工さんは地震があったことさえ気づかなかったそうです。こちらのアパートは入居募集とともにすぐに満室となりました。

建売住宅

建売住宅のウリを「免震」にしました。さらに太陽光パネルも付け、 高付加価値の建売住宅として販売され好評です。

特長

なにより望ましいのは大地震でも被災しないこと。当社は阪神淡路大地震より地震対策に取り組んできました。
その結果、SP免震基礎工法の家では3.11の震度6強の揺れにもかかわらず、「家の中がどこよりも安全だった」という、何よりもうれしい声を多くいただきました。

「杭」が被害をくいとめる

軟弱地盤におけるリスク

SP免震基礎工法なし
SP免震基礎工法あり
bDパイルの特長について

従来の地震対策の概念は「建物本体の対策」でした。
SP免震基礎工法は地震対策を建物本体ではなく、地震動の元となる地盤に施工する地震対策工法です。
(最近話題の盛り土の問題など、地盤の対策も兼ねています)

基準を満たした建物にSP免震基礎工法を採用することにより、大きな揺れを小さくする免震の建物になります。
建物だけでなく、中に暮らす人の安全性を高めます。

SP免震基礎工法の効果

SP免震基礎工法を建物に導入することにより、免震・液状化対策などの効果が期待できます。

免震
液状化対策