ライフタケダ オフィシャルサイトへ
無料見積

採用事例

賃貸アパート

建築作業中の大工さんは地震があったことさえ気づかなかったそうです。こちらのアパートは入居募集とともにすぐに満室となりました。

建売住宅

建売住宅のウリを「免震」にしました。さらに太陽光パネルも付け、 高付加価値の建売住宅として販売され好評です。

免震

免 震

  • ●SP免震基礎工法は、免震を兼ねた工法。
  • ●建物、家財、家族を守り、リスクと不安を軽減。
  • ●「免震」は大きな揺れを小さくし安全にする。
揺れを小さくする

鋼管杭に免震効果を発揮させる設計手法

風圧力、長周期地震動にも安心

SP免震基礎工法は、鋼管杭の優れた弾性・靭性を生かし、建物の重さ、地盤の性質、基礎形状等を総合的に最適化することにより、建物全体としての揺れを制御することで免震効果を発揮する工法です。(特許取得済)
従来の免震装置では、軽い建物の場合、風圧力による揺れや長周期地震動での共振が大きな課題でしたが、SP免震基礎工法では杭に働く水平地盤反力によりこの問題を解決しました。
またSP免震基礎工法は、ローラーやゴム、ダンパ等の免震装置は全くなく、工事費は安価で、短い工期で施工を完了します。
さらに免震装置の維持管理の必要もありません。

阪神淡路大地震での免震効果が地震応答解析で証明されました。
(免震効果は地盤により変化します)

大学研究機関と住環境設計室との共同研究

日本大学 工学部 建築学科
コンピューテーション応用力学研究室
ガン・ブンタラステンリー准教授

地震応答解析及びSP免震基礎の免震効率算定プログラムの研究開発

日本大学 工学部 機械工学科
加藤研究室 Tribology(摩擦工学研究室)
加藤康司教授(東北大学名誉教授)

杭頭回転と基礎コンクリート、基礎と地盤の摩擦低減方法の研究開発

免震効果を算出

阪神淡路大震災の地表面における震度は6弱。
SP免震基礎工法を採用した場合、建物に作用する震度階級表が示す、震度は3に低減されると考えられている。